頬のたるみをとるには

年齢とともに頬のたるみが気になり始めます。
もともとの骨格や顔の脂肪量なども関係していますので、個人差も大きいものの、
頬がたるむとほうれい線も目立ち、どうしても見た目年齢を高くしてしまいます。

 

今はほうれい線が気にならない人でも、自分の顔写真に2本の線を入れてみてください。
たった2本の線が加わるだけで、かなり老けた印象に見えるはずです。
ほうれい線を目立たなくするには、頬のたるみを解消するのが一番効果的です。

 

頬がたるむ原因の多くは、肌の乾燥です。
人は年を重ねるにつれて肌の水分が失われていくので、どうしても乾燥しやすくなります。
これは顔だけに限らず体全体に言えることです。
肌が乾燥すると弾力やハリも低下しますので、支える力が弱くなり下に下がっていきます。
これに表情筋の衰えも加わるので、さらにたるみがひどくなっていきます。
乾燥を改善し表情筋を鍛えれば、ある程度自力でも引き上げる事ができます。

 

まずは洗顔と基礎ケアを見直しましょう。
顔の洗いすぎも肌を乾燥させる原因となります。
基礎ケア化粧品が肌質に合っていないと効果がありません。

 

洗顔は皮脂を落としすぎない物、基礎ケアは自分の年齢や肌質に合った物を選びます。
基礎ケアの時にフェイスマッサージもプラスすれば、ケアしながら表情筋を鍛えられて一石二鳥です。
後は生活習慣と食事も規則正しくバランスを考えれば、頬のたるみを改善するのに役立ちます。
姿勢も顔に影響しますので、常に正しい姿勢を心がけましょう。

 

改善するための化粧品

頬のたるみを改善するには、化粧品でのスキンケアも大切です。
頬がたるむ原因は、肌の乾燥と表情筋の衰えなどいくつかの原因が複合しています。
表情筋はエクササイズで鍛える事ができますが、
エクササイズでは血行促進効果があってもそれだけでは乾燥を改善できません。

 

これには保湿効果のある化粧品でケアするのが効果的です。
体の内側から潤いを補うための食事も重要ですが、これは美容サプリメントでも代用できます。
しかし常に外部刺激にさらされている肌には、化粧品で潤いを補ってあげましょう。

 

頬のたるみを改善するには、潤いを与え肌にハリと弾力を取り戻す事が重要です。
上に引き上げる必要があるので、リフトアップ効果が期待できる成分を配合している物を選びましょう。
保湿成分や潤い成分、リフトアップ成分がバランスよく配合されていれば、スキンケアだけでもある程度は対応できます。
ほほのたるみを改善するには、ただ化粧品をつければいいという事でもないので使い方も工夫してください。

 

化粧水は手でつけるよりも、コットンパックをしたほうが浸透力が高まります。
基礎ケアだけでも3種類から4種類は使うと思いますが、
ひとつのアイテムを丁寧に肌に浸透させてから、次のアイテムを使うのもポイントです。
時間がない朝はオールインワンジェルでもいいのですが、夜は時間をかけ丁寧にケアしましょう。
最後は手の温もりで浸透力を高められるので、ハンドプレスも取り入れてください。

 

改善するためのクリーム

頬のたるみを改善するには、基礎ケアも重要です。
肌が乾燥しているとハリや弾力も失われてしまうので、たるみやすくなります。
乾燥を改善するには、丁寧な基礎ケアも欠かせませんが、何を使うか、どのように使うかもポイントです。

 

洗顔後に化粧水を付ける時、適当に付け浸透させないうちに、次の乳液を使ってしまうと、化粧品の効果が十分に発揮できません。
一つ一つ、丁寧に時間をかけて付けていきましょう。
朝は時間がなくても、夜は時間を取れると思いますので、朝よりも丁寧にケアすれば大丈夫です。

 

化粧水と乳液だけでも基礎ケアとしては十分ですが、頬のたるみを改善するには少し不安が残ります。
肌が乾燥しているところに潤いを与えても、潤いはすぐに逃げてしまいます。
与えた潤いを閉じ込める蓋の役目を果たす、仕上げのクリームをプラスしましょう。
クリームに含まれる油分が肌表面に薄いヴェールを作り、潤いが逃げないよう閉じ込める事ができます。

 

クリームならなんでもいいと考えがちですが、
クリームにリフトアップ効果のある成分が配合されていると、より高い効果が期待できます。
クリームは最後に使います。
付ける時もリンパを意識して上に引き上げながらマッサージするようにつけていけば、
同時にリンパマッサージ効果も出るので、フェイスラインが引き締まります。

 

基礎ケアも同じメーカーで揃えたほうが相乗効果が発揮されます。
できれば化粧水、乳液、美容液、クリームは同じラインで揃えましょう。

 

更新履歴