エクササイズで改善する方法

頬がたるむ原因のほとんどが、乾燥と表情筋の衰えです。
元々の骨格や脂肪量なども関係していますが、人は年齢とともに老化に向かいます。
いい状態の肌を維持するのに必要な成分も減っていきますから、頬がたるむのはある意味自然な事です。
でも頬がたるんでしまうと、見た目年齢を高くしてしまうので、実年齢よりも老けて見えてしまいます。
何もしなければ頬もたるみ放題ですが、何らかの方法を取ればたるみを解消する事ができます。

 

表情筋を鍛える方法もいくつかありますが、顔のエクササイズは誰にでもできる簡単な方法が多いのでおすすめです。
頬のたるみを解消すれば、顔全体がリフトアップしますので、かなり印象も変わり若々しく見えます。
とても簡単な方法でこれを可能にできますので、是非お試し下さい。

 

毎日の歯磨きの時、歯ブラシを使ってエクササイズできます。
歯を磨き終わったら歯ブラシの背中で、口の中から頬の内側をなぞるようにしてマッサージしてみましょう。
歯ブラシを口にくわえ、唇をすぼめ引っ張ります。

 

口輪筋を鍛える効果があるので、ほほのたるみ解消に役立ちます。
口角をあげ下顎を前にだし、首筋を伸ばすだけでも表情筋エクササイズです。
やりすぎはシワを深くしてしまう事があるので、3分から5分程度にしておきましょう。
短時間でも毎日続ければ、無理なく表情筋を鍛えられ、ほほのたるみ解消に役立ちます。
他にも保湿を重視したスキンケアを心がけ、肌の乾燥を防ぐのもポイントです。